2016年10月30日日曜日

イランが供与した北朝鮮製73式軽機関銃がイラクISにおける(イスラミック・ステート)との戦いに加わる



著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

イラクのイスラミック・ステート(以下、IS)との戦いでは、イラクを支配するべくISと戦う多数の勢力が使用する、世界中のあらゆる供給元から得た多くの重・小火器が見られた。
イラクでの戦いでは、これまでにイラン製多連装ロケット発射機から第二次大戦当時の大砲まで、それらの全てが投入された。

戦いが2年目に突入する現在(注:元記事の執筆当時)、より多くの武器を必要とするものの、その数が減少しつつあり、各勢力は、地域的・国際的な支援者から戦いが今後数年間続くことに繋がるだろう武器の受領を試み続けている。
そして、しばらくの間に忘れ去られた武器が再発見され、再び使用されている。

その武器の一つである、73式軽機関銃は、少しでも輸出するために生産されたとは考えられていなかった極めて稀な装備である。
北朝鮮が設計・製造した兵器は、過去と現在におけるイランの戦争影響を与えたが、それらの機関銃は激動の80年代を生き延びたとは考えられていなかった。
ただし、それらが生き残った多くの例として、現在、人民動員隊(PMU)という統括組織の下でシーア派民兵がそれらを運用してる姿が散見された。
これは非常に驚くべきことである

実際、イラン軍の装備への北朝鮮の影響は過去にかなりあったものの、 とりわけイラクの戦場に出回る他の多量の他国製装備と共に見るとき、 イラクという劇場ではまだ重要な役割を果たしていなかった。

80年代初頭、平壌とテヘランとの間で軍事協力の高さが見られた。
この間、北朝鮮は隣国イラクへ対抗するイランを援助するため、幾らかの弾道ミサイルと大砲から小火器まで、それに飛行機さえも供給した。
後年の協力では主に、北朝鮮が設計した多種類の弾道ミサイル、ミサイル艇、潜水艦をイランが生産できるように、北朝鮮からイランへの技術移転に焦点が当てられた。

しかしながら、多数の北朝鮮製Bulsae-2(注:北朝鮮側の呼称「火の鳥2」)対戦車ミサイルが、最近、ハマスの軍事部門であるエゼディン・アル・カッサム旅団とハマスを離脱したアル・ナセルサラディーン旅団の手によって突然姿を現した。
Bulsae-2は9K111ファゴット(西側呼称:AT-4)の派生型で、スーダンからガザ地区にわたる密輸業者の精巧なネットワークと秘密のチャンネルを通じ、イランによってガザ地区へ供給されたと信じられている。
ハマスと北朝鮮のBulsae-2対戦車ミサイルの詳細については、ここで読むことができる。


イラン・イラク戦争の写真で、73式軽機関銃がイラン兵と共に写っているものが見られる。
これは、大部分はソ連製PK機関銃をベースにしているが、7.62x54R弾を装てんするための箱(注:ベルトリンク)と弾倉の双方を使用できる非常に特異な給弾機構を備えている。

朝鮮人民軍のために大量生産され、今日でも使用されているこの軽機関銃の唯一記録された輸出例は、イランだけである。


73式軽機関銃を持つ民兵(注:写真中のAKは全て北朝鮮製68式)。
北朝鮮が設計した兵器が世界中の様々な紛争に姿を見せ続けるということは、今日でも極めて孤立した国家である北朝鮮の能力が、海外の紛争にかなりの影響を及ぼしていることが明白である。

 ※ この記事は、2015年5月に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが大きく異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。     

0 件のコメント:

コメントを投稿