2017年7月21日金曜日

ロシアより愛をこめて:シリアのAK-104














著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

戦争で荒廃した国:シリアへのAK-104カービンの引渡しは全く報告されていないままであり、戦場への影響はこれまで取るに足らないものだった。
それにもかかわらず、これらは定期的にシリアに到着し続ける、ロシア製兵器の流れの増加を表している。
シリアは、90年代から限定的に生産されているこのカービンを受け取った最初の輸出先と考えられている。
シリア内戦が、結果としてAK-104の実戦デビューと言うことができる。

ほとんどがシリア陸軍(SyAA)とそれより少量が共和国防衛隊へ支給された評判が良いAK-74Mとは逆に、少数のAK-104は、そのほとんどが以前のシリアの機動隊に相当するいわゆる治安維持軍に支給された。
もともと大半は警防、盾や催涙ガスで装備されたスンニ派の部隊でスタジアムやデモの間に展開していたが、革命の勃発直後に残存部隊が再編された。
信頼された部隊は、その後により殺傷度の高い武器で武装し、現在は政権支配地域の秩序を維持することを含む幅広い任務を遂行している。

旧式のAK-47AKM56式がこれらの役割に完全にふさわしいが、シリアの首脳部は違うように考えて治安維持部隊の兵士にカービンを割り当てた。
武器のサイズが近接格闘(CQC)には完璧に適したものになるので、より多くの数が得ることができるならば、これらが実戦部隊に支給されるものと予想できる。





















AK-104に対するシリアの関心は、シリア軍の代表団がロシアの武器展示会を訪問した際に、この銃の性能について情報提供を受けた2012年に初めて明るみに出た。
この訪問は特にこのカービンへの関心を示させ、その後に未公開の数のAK-104が購入された。
AK-104を視察しているシリアの代表団のメンバーは以下の画像のとおりだ。






AK-104の起源は、そのほとんどがAK-74Mに遡ることができるが、そこから大口径のAK-103が開発され、同銃に至る。
AK-102、AK-104とAK-105はそれぞれ5.56×45mm、7.62×39mm、5.45×39mm弾用の薬室を備えたAK-103のコンパクト版として設計されたものであり、都市環境での戦闘に最適さをもたらす。
マズルブレーキは、AKS-74Uに取り付けられているものに似ている。

治安維持軍の兵士の手に見えるAK-104は、通常、AK-104に付随するプラスチック弾倉の代わりにAKMの弾倉を使用している。
AK-74Mに見られるように、AK-104は以前のAKSおよびAKMSが装備している下折りたたみ式銃床の代わりに新しい横折りたたみ式銃床を特長としている。

シリアへの(重火器を含む)兵器の継続的な供給が、(IRGC:革命防衛隊ヒズボラなどの)外国のシーア派の戦闘員にますます依存している軍隊を救うのに十分であるかどうかは現時点では不明のままだ。
少数のAK-104は疑いようもなく内戦の結果にほとんど影響を与えないだろう。
しかし、このカービンの存在はシリアに到着するロシアの武器の流れを表しており、この武器の取引は現在の4年目に入った戦争を確実にあおり続けるだろう。

 ※ この翻訳元の記事は、2015年5月2日に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。   
   正確な表現などについては、元記をご一読願います。 

おすすめの記事

ロシアより愛をこめて:シリアのVepr-12(英語)
ロシアより愛をこめて:シリアのMTs-116M(英語)
ロシアより愛をこめて:シリアのAK-74M
ロシアより愛をこめて:シリアの6S8(英語)
ロシアより愛をこめて:シリアのOSV-96(英語)

0 件のコメント:

コメントを投稿