2016年11月10日木曜日

北朝鮮の73式軽機関銃がシリアで目撃された


北朝鮮の73式軽機関銃がイラクで目撃された後、現在(注:2016年3月)ではイラクのシーア派民兵組織であるカタイブ・アル・イマム・アリのシリアへの展開と共に、この貴重な火器の新たな実戦例が見られている。
カタイブ・アル・イマム・アリのシリアにおける関与としては、2016年2月の北アレッポにおける同北部と北東部に展開する反政府軍の遮断を目的とした、政府軍の攻勢の中心とされたことがある。

既に知られているように、大勢のイラクのシーア派民兵がイラクから自己の装備(アメリカ製のM-1114を含む)を持ってシリアへ展開したが、特にイラクが73式の運用者ではないと考えられていたとき、73式軽機関銃が活躍する機会はこれらの武器の中で完全に低く思われていた。

確かに、イランは人民動員隊がその傘下で運用するいろいろなシーア派民兵に、限られた数の同機関銃を供給した。
イランは元々、80年代前半のイラン・イラク戦争中に73式を受領した。
その戦争は、イランに様々な種類の武器を迅速に届けることができる供給者(北朝鮮)を探させた。
73式はより古い兄弟であるPK(M)と共によく使用されたが、イラン製PKMが十分に生産された後に廃棄されたと思われていた。
PK(M) の隣にある、弾倉を挿入した73式をイラン・イラク戦争中に撮影された下の画像で見ることができる。


73式は主にソ連製PK軽機関銃を基本としているが、シリアやイラクといった紛争地域で常に確保できる、PKで使用される7.62x54R弾薬を装填するために弾倉と箱(ベルトリンク式)の両方を使用できるという特異な給弾機構を備えていた。
この73式は朝鮮人民軍に大量に配備されて今日でも使用されているが、記録された輸出はイランに向けたものだけである。
他での例はジンバブエとより最近のイラクで見つけられた。
解体されたIEDの隣でポーズをとる民兵(イランが背後で支配する前述のカタイブ・アル・イマム・アリを含めた)が手にしている73式を下の画像で見ることができる。

中東における北朝鮮製武器の複数の目撃は、これらの画像として公開され、国際武器密売市場での北の影響力の大きさが、制裁でよりその力を制限されたとしても続いていることを示している。
次に北朝鮮の兵器の新しい証拠が現れる時や場所をただ推測できることだけが、否定できない事実である。

追記:北朝鮮の73式軽機関銃は、アレッポでJabhat Al Shamiyaの戦闘員が使用している姿が目撃された(リンク先に動画あり)。 
また、2016年6月にはアレッポ付近でアルヌスラ戦線の戦闘員に3挺の73式が鹵獲された(下の画像)。
これらはいずれもイランから供給されたものである。

※この記事は、2016年3月に投稿されたものです。
当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが大きく異なる箇所があります。
正確な表現などについては、元記事をご一読願います。 

おすすめの記事

イランが供与した北朝鮮製73式軽機関銃がイラクでのIS(イスラミック・ステート)との戦いに加わる
中東における北朝鮮の対戦車ミサイル

0 件のコメント:

コメントを投稿